館長プロフィール

館長 黒澤貫太郎

http://youtu.be/iG1MlH9k230
http://youtu.be/iG1MlH9k230

  『拳成館 館長YouTube動画』

     (写真クリック)⇒ 

 

   生年月日:1963年5月1日

 

◎国際福祉空手道連盟  拳成館  館長

 

◎国際福祉空手道連盟 代表委員長

 

◎国際空手道連盟  極真会館   初段

 

◎国際大山空手道連盟            弐段

(USAワールド大山空手)

 

◎全日本武術総合空手道連盟 五段

 

◎日本空手道武徳協議会

 伝沖縄正統空手道寛清流  六段

 

◎國際武術空手協会     七段

 

  『拳成館 館長YouTube動画』

     (写真クリック)⇒

  

1976年13歳で国際空手道連盟 極真会館(渡辺道場)に入門16歳で単身渡米ニュ-ヨーク  ブルックリンの極真会館ニューヨーク支部 ( 当時)金村正次師範の道場にて空手を学ぶ。帰国後 元極真会館首席師範大山茂総主の主催 する 国際大山空手道連盟(USAワールド大山空手)に入門12年間実戦武道空手の修行を経て弐段 取得、指導員 として従事。更に国際空手道連盟 極真会館に7年間在籍、全日本レベル最先端 の 技術を学び指導員として従事2005年志をもって国際福祉空手道連盟 拳成館 を設立 “強くなる為の空手”の本分を貫きつつ健常者 のみならず障がい者も子供から壮年まで老若男女問わず誰でも出来る 空手の普及を志し54歳に成った現在もH25.26年、国際空手道連盟極真会館主催国際大会マス大山メモリアルカップ2年連続準優勝と戦う事を貫い参りました、H28年『TRIBELATEvol.51』にて、グローブ空手スーパーウエルター級チャンピオン獲得。現役選手としては引退を致しましたが今後も『生涯修行』を実践し空手と言う武道、文化を後世に伝えて行く役割を担う者の一人としてこの身を捧げる覚悟を持って精進して参ります。現在、神奈川県内で3ヶ所の常設道場を主宰、他認可保育所

すいとぴー保育園(横浜市)ハッピーワンダーズインターナショナルスクール(大和市)障がい者施設NPO法人、福祉ネット『ナナの家』(狛江市)認可保育所グレース保育園(東京都)等各施設のカリキュラムとして空手の指導を行っている。

門弟300人。

 

黒澤 拳姿郎 先生 (弐段)

※1986年3月27日生まれ、館長で有る父の下  幼少期より実戦空手を学ぶ、小学生時代にはアラバマ、シカゴとアメリカの地で大山泰彦師範、三浦美幸師範と言う空手界最高峰の師範方から 直接指導を受けると言う貴重な経験を踏まえ中学で茶帯を取得後厳しい修行期間を経て二十歳で黒帯取得、現在も他流派に在籍修行中の為、拳成館の正指導員として指導を行う事は出来ませんが、審査、合宿等では、培ってきたクオリティー の高い 空手技術を、子供達に伝えてくれる。 得意技は送り足の ステップからノーモーションの高い角度で繰り出す前足の上段廻し蹴り!

五島 寛人 指導員(弐段)

小学校入学と同時に拳成館に入門、6年間週5日、一日も休まず全てのクラスに参加小学校卒業時に中学、高校、一般部を相手に壮絶な10人組手を完遂して黒帯取得、2007年小学2年生で国際空手道連盟 極真会主催、第4回武魂杯に大会初出場、チャレンジマッチ小学2年生の部、3年生の部、初出場にして2階級制覇!2009年第1回全日本武術総合空手道盟、全関東大会、小学4年組手上級の部、準優勝、同年、第一回全日本武術総合空手道連盟 全日本大会、小学4年組手上級の部、優勝、2010年第2回全日本武術総合空手道連盟 全関東大会、小学5年組手上級の部、優勝、国際福祉空手道連盟 拳成館 第1回拳成杯、組手上級の部、準優勝、『拳杯』ナックルカップ2010、小学5年組手上級の部、優勝、第2回全日本武術総合空手道連盟、全日本大会、型上級の部、優勝2011年、第3回全日本武術総合空手道連盟 全関東大会、小学6年組手上級の部、優勝と輝かしい戦績を残す、大学生となった現在も一般部のチャンピオンを目指し更なる修行に励む。得意技は幼少時から鍛えた上段廻し蹴り、必殺の胴廻し回転蹴り!

杉山 大晟 指導員(初段)

国際空手道連盟極真会館主催、第12回マス大山メモリアルカップ高校生男子軽量級優勝!

小学校、中学、高校と十年間の修行を経て黒帯取得!

優しく、面倒見の良い性格は後輩からも慕われている。

強い相手にも挫けず向かって行く姿勢、根性には定評がある、幼い頃は審査会の度に師範に怒られ、何度も挫折しそうに成ったが、十五年間で延べ500人を超える入門者の中、唯一黒帯にたどり着いた黒帯の一人!

負けても負けても諦めることなく試合にも挑み続け2016年,念願のチャンピオンとなる。

将来は教員を目指し只今大学受験浪人中。

得意技は師範直伝の回転飛び後ろ廻し蹴り!

永村 セリナ 指導員 (初段)

国際空手道連盟極真会館主催、第12回マス大山メモリアルカップ一般女子軽量級チャンピオン!

※現在大学三年生、拳成館女子部最高位(初段)

拳成館開設当初、「桜ケ丘道場」時代からの愛弟子。小学、中学、高校と10年間の修業を経て

2016年黒帯を取得、早くから一般男子の中で揉まれて来ただけあって打たれ強さには定評がある、普段は普通の女の子だが、一旦道場に入り、帯をしめると武道家モード、男に媚びない姿勢は一般男子もたじろぐ気合い!選手としても2016極真国際大会第12回マス大山メモリアルカップ一般女子軽量級で見事優勝しチャンピオンとなる。

大学生になった現在も学業,自身の稽古に励む傍ら後輩達に指導する事も修行の一環として只今勉強中!

国際空手道連盟極真会館主催、第12回マス大山メモリアルカップ一般女子軽量級優勝!

決勝戦再延長中段飛び後ろ蹴り一本勝ち!動画

小田 遥加 指導員(1級)

※彼女もまた拳成館開設当初、「桜ケ丘道場」時代からの愛弟子。小学、中学、高校と受験を潜りながら修業を続けてきた。

2019年見事大学に合格した現在も黒帯取得を目指し稽古にはげんでいる、幼少期から基本を徹底的に叩き込んだ空手は正に拳成館の空手を正確に受け継いだ数少ない弟子の一人!才女であり空手で養った能力で社会人になってからも活躍してくれることを期待している。率先して後輩の指導にも取り組んでいるので、一つの事を継続する根性、技術面、初心者の生徒は是非とも彼女から多くを学んで欲しいと思います。得意技は正確ナホームで相手の受けを掻い潜り繰り出す上段廻し蹴り!